嫌われるリフォーム業者への値引き交渉


業者との値引き交渉。ちょっとだけ料金を下げるつもりが、リフォーム業者に相当嫌な顔をされてしまい、その後の取引が不利になった、というようなこともあります。値切りは無料でできることですから、できれば実施したいですが、ちょっと方法を間違うと業者との関係が悪化しかねません。実際に工事前、契約前の場合特に問題はないと言えますが、実際に工事がスタートした段階の場合、ちょっと面倒なことにもなりかねません。今回の記事では、嫌われるリフォーム業者への値引き交渉についてご紹介していきたいと思います。

【一方的に根拠なく値切りばかり行う】

稀にいるようですが、お客様だからという立場を使って強圧的に根切りをしてくる人もいるようです。契約書でOKしたはずなのに…と思うのがリフォーム業者の本来の気持ちでしょう。こういったことにもなりかねませんので、一方的に値切るのはよくないと言っていいでしょう。

【値切る額が法外である】

リフォーム業者も企業ですので、ある程度の利益を生む必要があります。にもかかわらず、法外な価格で価格交渉をしてくるような人はかなり嫌われてしまうようです。特に注意してほしいのが、契約後の値切り。これは業者にとってはタブーと言っても良いですので、絶対にしないようにしましょう。

業者に対して値切りをするときも、関係性を壊さない範囲でしないと思い通りに工事が進まないような事態も発生しかねません。ある程度の常識で持って値切るようにしましょう。

評判のリフォーム会社
リクシルリフォーム
ヤマダ電機リフォーム
ヤマハリフォーム