水回りのリフォーム費用は設備次第


水回りのリフォームを考える
水回りをかえれば、家の中の印象ががらりと変わります。
20年、30年、場合によってそれ以上たった水回りのデザインを一層すれば、住まいがより豊かになるはずです。

水回りとして代表的なのが、キッチン、浴槽、トイレ、洗面台などです。
水を使う部分は、水垢や汚れが付きやすき経年劣化を避けられませんね。

また、古いモデルは現在の物に比べて使い勝手が悪いことが多いです。
浴槽の高さや、キッチンの広さなど、リフォームをすることでより生活が楽になる事もあります。

水回りのリフォーム費用は設備次第
水回りのリフォーム費用は、設備次第で大きく変動します。
どのクラスの、どのようなデザインの設備を用意するかによって、同じ工事の工程でも費用が全然違います。

たとえば、システムキッチンに変更する場合には、最安値で50万円程度から用意することができますが、高いものでは400万円もすることもあります。
食洗機、生ごみ処理機などを設置すれば更に費用が高くなります。

バスルームも、ユニットバス、洗面化粧台の選び方によって費用が変わります。
最安値では50万年程度で済みますが、オプション付きのいいデザインを選べば300万円以上かかることもあります。

まさに水回りは、工事でかかる人件費などの価格よりも、設備代が高くつくと覚えておきましょう。
一度選べば、何十年も使える設備なので、予算があればこだわりのデザインを選んだ方が公開が少なくて済むはずです。

リフォームにかかる費用